FC2ブログ

「働かざる者食うべからず」より、「働かざる者狂うべからず」と伝えたい



新型コロナウイルスの影響により、倒産する企業が急増しているというニュースを見かけました。

業種別ではレストランや居酒屋などの飲食業、ホテルや旅館などの宿泊業が、倒産が多くなっているようです。

また新型コロナウイルスの問題が収束しても、人々の生活様式の変化により、業績回復が難しい企業が増えるのではないかという、悲観的な予想をしておりました。

これらにより雇用情勢が悪化すれば、生活保護の申請件数が増えるのではないかと思っていたら、すでに増加しているようです。

例えば厚生労働省は令和2年(2020年)7月1日に、4月の生活保護の申請件数が2万1,486件となり、前年同月比で24.8%増加したと発表しております。

また生活保護の受給を開始した世帯は1万9,362世帯となり、前年同月比で14.8%増加したと発表しております。

このように前年同月比で2ケタ増加したのは、平成22年(2010年)1月以来になるそうです。

平成20年(2008年)9月に、100年に一度と言われた金融経済危機の、「リーマン・ショック」が発生しました。

この直後に生活保護を受給する世帯が急増したのかと思ったら、それから1年半くらいが経過した後に急増しているのです。

ですから新型コロナウイルスの影響による、生活保護を受給する世帯の増加は、これからが本番なのかもしれません。

また生活保護の申請件数や、生活保護を受給する世帯が増えたといっても、氷山の一角ではないかと思います。

つまり生活保護を受給できる要件を満たしているのに、実際は申請していない方が、かなり多いと推測されるのです。

この理由のひとつとして考えられるのは、「働かざる者食うべからず」という考え方ではないかと思います。

ただ今は働く場所が、大幅に減っているのですから、働かないのなら食べてはいけないと言われても、手の打ちようがないのです。

また今回は失業を免れた方でも、AI(人工知能)の発達により、働く場所を失ってしまう可能性があるのです。

ですから「働かざる者食うべからず」という考え方を、見直す時が来ているのかもしれません。

ただ幸福な人生を送るには、やはり何かしらの仕事に就いて、働いた方が良いと思います。

このように考える理由として、もう何十年も前に読んだ文科の時代(著:渡部 昇一)という本の中に、次のような文章が掲載されていたからです。

『つまり人間は、自分の好む観想や読書などのほかに、労働だと感じられるものを意識的にやり続けないと、そのうちに救い難い精神頽廃を招くというのである』

『労働を人間の健全性と幸福のための本質要件と見ること、共同体に歯車として労働を提供すること、さりとて労働至上主義にならぬこと―こうしたことこそ、人間の真の自己実現があるとした労働観、これが西欧を作った真の原因である』

以上のようになりますが、これを読むと適度な労働は、精神の安定のために役立っているとわかります。

ですから新型コロナウイルスの影響で、失業した方に対しては、「働かざる者食うべからず」より「働かざる者狂うべからず」と、伝えたい気持ちになります。
関連記事

  1. 2020/07/13(月) 20:57:09|
  2. 就職・起業