FC2ブログ

「一億総クレーマー社会」が悪化すると、「一億総あおり運転社会」になる



レストランや居酒屋などを予約したのに、無断でキャンセルする事が、社会問題になっているようです。

お店にとっては用意していた食材や人件費が、ほとんど無駄になってしまうのですから、大変な迷惑行為だと思います。

しかもお店側が被った損害額を立証するのが難しいため、泣き寝入りになってしまう場合が多いようです。

ただ最近は無断キャンセルで発生したキャンセル料を、弁護士が代行回収するサービスが登場しているため、今後は状況が変わっていくのかもしれません。

ここ最近に無断キャンセルが増えた理由について、様々な識者の方が分析しております。

個人的にはインターネットで手軽に予約できるようになった事と、関係があるという分析が、もっとも納得できました。

その分析とはインターネットで手軽に予約できると、約束を守らなければならないという意識が弱くなるため、無断キャンセルの罪悪感も弱くなってしまうというものです。

なおインターネットで予約するためには、これを使える環境が必要になります。

ですから無断キャンセルが増えたのは、特にスマホの普及によって、インターネットが身近になった事も、関係していると思うのです。

このようにインターネットが身近になった事により、別の社会問題も発生しております。

それはクレームの増加であり、検索して調べていたら、「一億総クレーマー社会」などと表現する方がおりました。

インターネットがない時代だと、クレームを伝える手段は、不満があるお店に行く、または電話するくらいしかなかったのです。

しかし現在はインターネットが身近になったため、メール、問い合わせフォーム、企業の公式SNSやブログなどでも、クレームを伝えられるようになりました。

またインターネットが身近になった事により、電話番号を調べやすくなったため、電話でクレームを伝えるのも、以前より簡単になったのです。

これらがクレームの増加した理由として、よく挙げられるものになりますが、個人的には別の理由もあると思います。

現在はインターネットが身近になった事により、面識のない他者の意見などに対して、批判をするのが簡単になりました。

例えばニュースサイトのコメント欄や、有名人のSNSやブログなどを見ていると、その内容によっては批判的な意見が溢れており、いわゆる「炎上」を起こしている場合もあります。

文字媒体(本、新聞、雑誌など)しかない時代は、批判的な意見があっても、伝えるのが難しいため、心の中に秘めておく場合が多かったので、すごく大きな変化です。

またインターネット上において、他者を批判するのに慣れたため、リアルな世界でも他者を批判する事に対して、ためらいが少なくなった可能性があります。

つまりインターネットにより、他者批判の抵抗が少なくなったと考えられ、これがクレームの増加した、理由のひとつだと推測しております。

こういった状態が更に悪化したのが、今もっとも社会問題になっている、「あおり運転」ではないかと思うのです。

インターネットによって、他者批判の抵抗が少なくなった事が、あおり運転の要因のひとつになっているとしたら、これからもあおり運転は増えていき、「一億総あおり運転社会」などと表現される日が来るのかもしれません。
関連記事

  1. 2019/09/12(木) 20:36:23|
  2. パソコン・インターネット