FC2ブログ

「炎上」は演出された国民の怒り、「デモ」は増幅した国民の怒り



先日ニュースサイトの記事を読んでいたら、野球評論家として活躍する張本勲さんが、あるテレビ番組に出演した際、大谷翔平選手の3試合連続ホームランについて、「まぐれかアメリカのピッチャーのレベルの低下」と発言して、炎上したと記載されておりました。

これを含めた最近の張本さんの発言は、納得できないものが多いので、炎上したのはよく理解できるのですが、改めて考えると少し変だと思ったのです。

その理由として張本さんはブログ、FaceBookやTwitterなどのSNSを、まったくやっていないようなので、炎上しようがないからです。

そのため出演したテレビ番組のTwitterなどが、炎上したのではないかと思いました。

ただSNSをまったくやっていない張本さんが、それを自分で見る可能性は低いと考えられ、それでは国民の怒りは張本さんに伝わりません。

また炎上が張本さんに対する国民の怒りを、ダイレクトに表現していると言えない面もあります。

その理由としては平成28年(2016年)6月28日の日本経済新聞に、ネット炎上、少人数の連投で発生 「許せない」が動機と題した記事が掲載されていたからであり、一部を紹介すると次のようになります。

『インターネットのブログや会員制交流サイト(SNS)などが批判の書き込みであふれる「炎上」の状態になる際は、ごく少数の人が繰り返し書き込んでいることが28日までに、国際大学GLOCOMの山口真一講師らによる約4万人へのネット調査で分かった。

過去1年間に炎上に加わったのは全体の1.1%だが、参加経験者の6割超は、同じ炎上への書き込みを繰り返していた。

山口講師は「声が大きい一部の人によって炎上している実態を示す結果だ。過度の批判が行われればネット上の言論自体が萎縮しかねず、対策を検討する必要がある」と話している。

調査は今月、ネットを通じアンケート形式で実施し、20~69歳の男女計4万504人が回答。炎上に書き込んだことがあると答えたのは725人だった。

さらに追加アンケートした結果、過去1年間の書き込み経験者のうち同じ炎上に2回以上書き込んだ人は65%に達し、10%は11回以上書き込んでいた』

以上のようになりますが、要するに過去1年間の間に、炎上に参加した事があるのは、調査対象者の約1%だけなのです。

しかしその約1%の方が何度も書き込みをしているため、激しく炎上しているように見えるのです。

他の調査でも同様の結果が出ているため、炎上とは約1%の方の過剰な書き込みという演出によって作られた、国民の怒りだと考えられます。

ですから例えばブログのコメント欄に、怒りのコメントが溢れていたとしても、そのコメントの数だけ怒っている国民がいると考えるのは、間違った解釈なのです。

ところで別のニュースサイトの記事を読んでいたら、「安倍内閣は退陣」と記載されたプラカードを掲げた市民団体などが、平成20年(2018年)4月14日に国会前でデモを行ったと記載されておりました。

その一方で首相官邸の前には、「頑張れ、安倍政権」と記載された横断幕を掲げた、安倍政権を応援する団体が集まったと記載されておりました。

そのため意見の違う団体が、近くの駅で交差して、小競り合いが起きる場面があったようです。

こういった時はデモの主催者側が、その参加人数を盛って発表する事により、警察が調べた参加人数と食い違う場合があります。

ただ参加人数が盛ってあったとしても、忍者ではない一般の方は「分身の術」を使えませんから、同じ方が何度も書き込みをしている炎上よりは、正確な人数に近いと思うのです。

このようにしてデモに参加した方は、同じ意見の人々とコミュニケーションを繰り返すことによって、自分の意見を強化・増幅していきます。

このような現象は一般的に、「エコーチェンバー現象」と呼ばれているそうです。

また意見の違う団体という、共通の敵が身近にいる事により、それぞれの団体は結束を強くしていきます。

ですからデモに参加した方は、参加する前よりも、安倍政権に対する怒りを強くする場合が多いと思うのです。

そうなると上記のように炎上が、演出された国民の怒りなら、デモは増幅した国民の怒りではないでしょうか?
関連記事

  1. 2018/04/18(水) 20:43:33|
  2. パソコン・インターネット