FC2ブログ

前川喜平前事務次官のニックネームは、「霞が関の半沢直樹」が良い



安倍総理の友人が理事長を務める加計学園の、国家戦略特区での獣医学部新設に関して、内閣府から文部科学省に渡った「総理のご意向」と記載された文書が、圧力になったのではないかという疑惑が、話題になっております。

松野文部科学大臣はこの件に関して調査を行い、「該当する文書の存在は確認できなかった」と発表しましたが、なんとも中途半端な調査で、野党は反発を強めました。

そうしたところ野党を援護射撃する真打といっても過言ではない人物が、平成29年(2017年)5月25日に、記者会見を行なったのです。

それは文部科学省の前事務次官である前川喜平さんで、「総理のご意向」と記載された文書は、「確実に存在していた。あったものをなかったことにできない」と、松野文部科学大臣の発表を否定する発言をしました。

また獣医学部の新設については、「総理のご意向」と記載された文書の圧力により、加計学園を前提に検討が進んだとして、「公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられた」と発言しました。

前事務次官のこのような発言は、安倍総理にかなりのダメージを与えると思ったのですが、火に例えるなら小火(ぼや)くらいで、安倍内閣を全焼させるほどの火事には至っておりません。

なぜ盛り上がりに欠けるのかなと考えていたら、最近になって再ブレイクした梅沢登美男さんには、「下町の玉三郎」というニックネームが付いていたのを、ふと思い出しました。

そのため前川喜平前事務次官に、国民から愛されるニックネームを付ければ、もっと盛り上がると思ったのです。

最初に思い付いたニックネームは、「ハンカチ王子」ならぬ「ハンカチ御曹子」で、記者会見の時にハンカチで汗を拭いていた姿が印象に残った点と、お金持ちや政治家が親族に多い点に由来しております。

しかしハンカチ王子こと斎藤佑樹選手の成績が、なかなか良くならないので、このニックネームでは盛り上がる気がしません。

そこで考えたのは「霞が関の半沢直樹」であり、これは大ヒットドラマである半沢直樹の、主人公の名前から由来しております。

ドラマの中で堺雅人さんが演じる半沢直樹は、上司の理不尽な命令に必死に耐えますが、「やられたらやり返す、倍返しだ!」という決め台詞の通りに、最後はその上司に対して仕返しをするのです。

特に印象に残っているのは、香川照之さんが演じる大和田常務が、半沢直樹の要求に応じて土下座をするシーンで、あれを見てスカッとした方は多いのではないかと思うのです。

つまりこのドラマが大ヒットしたのは、日頃から理不尽な上司の命令に必死に耐えているサラリーマンの方が、半沢直樹と自分を同一視して、その半沢直樹が上司に仕返しをする姿が、ストレス解消になったからだと思うのです。

そのため「霞が関の半沢直樹」というニックネームを付けた場合、日頃から上司の理不尽な命令に必死に耐えているサラリーマンの方が、前川喜平さんと自分を同一視して、安倍総理に対して一人で抵抗する姿が、共感を呼ぶような気がするのです。

もちろん決め台詞は、「やられたらやり返す、倍返しだ!」ならぬ、「やられたらやり返す、安倍返しだ!」となります(笑)。

松野文部科学大臣をはじめとする安倍内閣のメンバーは、火消しに走っておりますが、小火(ぼや)はまだ燃え続けているため、加計学園を舞台にしたドラマが最終回を迎えるのは、まだ早すぎるのではないでしょうか?
関連記事

  1. 2017/05/29(月) 20:06:23|
  2. 政治・経済