FC2ブログ

異性への甘い言葉と秘密の情報を伝えるのは耳打ちにかぎる



インターネットのニュースを見ていると、タレントのベッキーさんと、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの不倫騒動に関する話題が、毎日のように掲載されております。

全く芸能ニュースに興味はありませんが、ここまでしつこく掲載されていると、やっぱり見てしまいますね。

そのニュースによるとこの騒動の発端は、週刊文春が二人のLINEでのやりとりを、誌面に掲載したところから始まっているようです。

なぜこのようなやりとりが流出するのかと、疑問を感じると同時に、LINEのセキュリティーは大丈夫なのかと、不安を感じてしまいました。

そのため誰にも知られたくない秘密の情報は、キャリアメールで送った方が良いのかと思いますが、こちらも決して安全ではないと思うのです。

その理由として平成23年2月に、大相撲の八百長が発覚して世間を騒がせましたが、この八百長が発覚したのは、キャリアメールを通じての八百長に関する打ち合わせが、野球賭博事件を捜査していた警視庁に見つかってしまったことに、起因しているからです。

この時は八百長の打ち合わせをしたメールは、すでに携帯電話から消去されていたようですが、警視庁によって復元されました。

おそらくLINEやキャリアメールでのやり取りは、携帯電話から消去しても、どこかに残っているという事であり、復元するのはたやすいという事だと思います。

それなら誰にも知られたくない秘密の情報は、メールではなく電話で伝えた方が良いのかと思ってしまいますが、電話での会話は傍受される可能性があるのです。

犯罪捜査のために限定し、警察機関による通信の傍受を認めた、「犯罪捜査のための通信傍受に関する法律」という法律があります。

こういう法律があるという事は、通信の傍受は可能であると、国が証明しているようなものだと思います。

メールも電話もダメという事なら、直接会ったうえで、秘密の情報を伝えるしかありません。

しかも普通の声で話すと盗聴される可能性があるので、 相手の耳に口を近づけてそっとささやく、つまり耳打ちをするのです。

前にラジオを聞いていたら、ある外交評論家の方が、欧米のスパイが機密情報を仲間に伝える時は、電話やメールなどのデジタル機器を使う事はなく、耳打ちというもっともアナログな方法を使うと、解説されておりました。

その理由として耳打ちは、電話やメールなどと違って、証拠がまったく残らず、一番安全だからだそうです。

やはり異性への甘い言葉と秘密の情報を伝えるのは、耳打ちにかぎるという事ではないでしょうか?

なお人間の右脳は「感性、直感、創造」など、感覚的な事を処理し、逆に左脳は「理性、記憶、計算」など、論理的な事を処理するとされております。

また左耳で聞いた情報は右脳で処理を行い、逆に右耳で聞いた情報は、左脳で処理を行なっているそうです。

これらを整理すると左耳で聞いた情報は、「感性、直感、創造」などを処理する右脳に伝わり、逆に右耳で聞いた情報は、「理性、記憶、計算」などを処理する、左脳に伝わるという事になります。

そうなると「キミの瞳は美しさの極みだね!」のような、異性への甘い言葉は、「左耳」に伝えた方が良さそうです。

逆に「A君とB子さんが卒業(離婚)するらしいけど、卒論(離婚届)が提出されるまで内緒にしていてね」など、秘密の情報を伝えるのは、「右耳」の方が良いという事になりますね。
関連記事

  1. 2016/01/30(土) 19:14:56|
  2. 心理学・占い