FC2ブログ

「夢をかなえるゾウ3」は仕事の選び方や取り組み方がわかる一冊



先日夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え(著:水野愛也)という本を読みましたが、1作目や2作目と同様に、仕事や恋愛などで悩んでいる方の前に、関西弁を喋るゾウの姿をした神様の「ガネーシャ」が現れ、成功法則を伝授していきます。

今作は片思いの男性がいるOLの前にガネーシャは現れますが、2作目と同じように、貧乏神であった「金無幸子(かねなしさちこ)」や、「迦様」も登場します。

この三者のやりとりがとても面白く、楽しめながら成功法則を学べましたが、個人的には次のようなガネーシャが考える、仕事の選び方や取り組み方が、もっとも参考になりました。

(1)うまくいっている人のやり方を調べて真似る
何かの本に「学ぶ」という言葉の語源は、「真似る」であると記載されていた記憶があります。

また茶道や武道などの世界には「守破離」という言葉がありますが、これは修行を始めたらまずは、「守(師匠からの教えを守り、一から十まで型通りにやること)」を、大事にすべきという考え方になります。

このように日本人は昔から、何か新しい事を学ぶ際には、真似る事を重視してきましたが、夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教えにも次のように記載されております。

『自分らは何かを始めるとき、いきなり自己流でやろうとするやろ。せやからうまいこといかへんねん。まず大事なんは、本でもインターネットでも何でも使て「うまくいっている人のやり方を調べる」ちゅうことや。

自分が思てるほど、自分と他人に違いはあれへん。みんな同じようなもん手に入れようとして、同じようなとこでつまずいて、同じような方法で乗り越えてるんや。せやから、まず最初にうまくいっている人がどうやったのかを知らなあかん』

『うまくいっている人のやり方を知っても、実行に移さへん人がほとんどやねん。その理由はな、「この考えは自分には当てはまらない」とか「そんなやり方でうまくいくはずがない」言うて、自分で勝手に判断すんねん
な。

それがあかんねん。何かをマスターするために大事なことは、自分のやり方を一度「捨てる」ことやねん』

(2)感動した事を仕事にする
仕事を選ぶ時には多くの方が、会社の知名度、給与の金額、伸びる業界であるか否かなどを、基準にするかと思いますが、夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教えには次のように、「感動」を基準にすべきだと記載されております。

『仕事を選ぶとき一番大事にせなあかんのは、これまでの人生で自分が何に感動したかちゅうことや。そんで自分が受けた感動を、今度は人に伝えたい、伝える側に回りたい、そう思たとき人は自然な形で仕事ができるんやで。

せやから最初は「お客さん」なんや。お客さんとして感動したことを仕事にして、自分と同じようなお客さん一杯作んねん』

『感動言うてもそれは別に映画やスポーツの世界だけちゃうで。たとえばお店の店員からうれしい一言もろて感動したら、自分が店員になったときお客さんを感動させられるやろ。

それに、お客さんを直接感動させるんやなくても、自分が感動したことを支える仕事やったら、他の仕事より喜びを感じられるはずや』

(3)自分で自由にできる仕事を作る
仕事に関する従業員の裁量の幅を広げる事によって、従業員のモチベーションの維持や、業務改善意識の向上などを図る、「職務充実」という労務管理の方法があります。

つまり人は上司などから命令された仕事よりも、自分で自由に考えて工夫できる仕事の方が、やりがいを感じるという事になります。

会社員として働いている場合にはすべての仕事を、このように進める事はできないと思いますが、夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教えには次のように、どんな仕事にも工夫できる部分はあるとしております。

『人間にとって、自分で考えて工夫していくんはめっちゃ楽しい作業なんや。それはゲームしたりテレビドラマ見る以上に楽しめるんやで。せやけどほとんどの人は、仕事をそういう形まで持っていけへん』

『どんな分野でも、自分で工夫できる仕事ちゅうのはあるもんやで。そういう仕事見つけて頑張り始めたら、仕事はめっちゃ楽しくなんねんで』

なお職務充実に似た言葉として、「職務拡大」というのがありますが、これは現在担当している仕事に加え、新たな仕事を追加して、仕事の幅を広げる事を意味します。

この職務拡大も職務充実と同じように、仕事のやりがいにつながっていきますので、一人でも部下を持つ管理職の方は、覚えておきたい労務管理の用語です。

以上のようになりますが、夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教えは、2作目と同じように感動的で、予測不能なラストシーンが待っておりますので、1作目や2作目を読んだ方の、期待を裏切らないと思います。
関連記事

  1. 2015/05/31(日) 20:59:19|
  2. 就職・起業