FC2ブログ

質問に答えない官房長官より問題なのは、この国に蔓延する「同調圧力」



菅官房長官が平成31年(2019年)2月27日の記者会見で、東京新聞の女性記者の質問に対して、「あなたに答える必要はない」と回答した事が、大きな話題になっております。

この女性記者の質問は、私見を交えた長いものが多く、またそれがスタンドプレーのように見えるため、菅官房長官がイライラする気持ちはわかります。

ただ回答拒否を認めてしまったら、記者会見を実施する意味がなくなってしまうで、菅官房長官の態度に怒りを感じました。

私と同じような気持ちの方は多いのではないかと思い、インターネットなどで調べてみると、菅官房長官を批判する意見より、擁護する意見の方が多いように感じたので、不思議な気持ちになったのです。

またこの一件の後に、東京新聞の女性記者を助けたいという思いで、署名を集め始めた中学2年の女子生徒が、誹謗中傷を受けるという事態が発生しました。

署名を集めるという民主的な活動をする少女が、なぜ誹謗中傷を受けなければならないのかがよく理解できず、これについても不思議な気持ちになりました。

女子生徒の活動に納得できないのなら、署名に協力しなければ良いのであり、わざわざ誹謗中傷する必要はありません。

こういった二つの出来事を見ていたら、日本には多数派と違う行動をしたり、意見を述べたりする少数派に対して圧力をかける、いわゆる同調圧力が蔓延していると思いました。

例えば先ほどニュースサイトを読んでいたら、小学校の卒業式に袴を着用させる保護者に対して、自粛を呼びかける自治体があるという記事が掲載されておりました。

この理由について考えてみると、もし袴を着用するのが多数派になった場合には、収入が少ない家庭も同調圧力によって、袴を準備する必要があるため、負担になってしまうからだと思います。

それと同様にPTAに入らない家庭が、肩身の狭い思いをするのは、PTAに入っている家庭からの、同調圧力があるからだと思います。

ところで例えばイギリスでは、孤独担当大臣が新設されるほど、孤独を問題にしているそうです。

この背景としては、孤独が死亡リスクを高めたり、うつやアルツハイマーを誘発しやすくしたりする事などが、明らかになってきたからです。

一方で現在の日本においては、孤独を称賛するような本が、ベストセラーになっております。

この理由についてある専門家の方は、日本の社会には同調圧力が蔓延しているため、自分の好きなように生きるには、孤独を選択するしかない、だから孤独が称賛されるという解説をしておりました。

確かに同調圧力に屈しない強い意志がある方は、それほど多いとは思えないので、自分の好きなように生きるために、孤独を選択するのかもしれません。

ただ孤独になれば上記のように、さまざまな病気のリスクが高まるため、健全な生き方ではないのです。

このように考えていくと、質問に答えない官房長官より問題なのは、この国に蔓延する同調圧力ではないかと思います。
関連記事
  1. 2019/03/16(土) 20:05:29|
  2. 政治・経済

「外貨建て保険」に関する苦情を言う方は、バイトテロを笑えない



飲食店や小売店で働いているアルバイトが、勤務先の什器や商品を利用して悪ふざけしている様子を、スマートフォンなどで撮影し、それをSNSに投稿して炎上するという「バイトテロ」が、世間を騒がせております。

個人的には某コンビニのアルバイトが、商品を舐めてから袋詰めする映像を見て、気持ち悪くなったため、これが特に印象に残っております。

こういったバイトテロのニュースを見ていて、納得できない事が3つあり、一つ目は撮影した動画を、自分でSNSに投稿している点です。

その理由としてアルバイト仲間だけで笑って終わりにする、または動画を撮影してもSNSに投稿しなければ、外部の人間にはわからないからです。

またSNSに投稿するのは悪事の証拠を、自分でばら撒いているようなものだと思います。

納得できない事の二つ目は、アルバイトの悪ふざけを、バイトテロという造語で表現している点です。

そもそもテロとは、「政治的な目的を達成するために、暴力および暴力による脅迫を用いること」を示します。

ですから何の目的もなく、ただ目立ちたいという悪ふざけを、テロと表現するのは不適切だと思います。

納得できない事の三つ目は、バイトテロを行う前に、これを行った人間がどんな末路を迎えたのかを、インターネットなどで調べていないと思われる点です。

バイトテロが注目されるようになったのは、今から6年前の平成25年(2013年)頃です。

この時代からバイトテロは繰り返されてきたのですが、これを行った人間は、仕事をクビになるだけでなく、名前や顔写真などをインターネット上に晒されたり、数千万の損害賠償を請求されたりするという、悲惨な末路を迎えてきました。

こういった情報はインターネットで少し検索すれば、いくらでも見つける事ができます。

またこういった情報を事前に入手していれば、バイトテロのような愚かな行為は、止めようと思うはずです。

ですからバイトテロを行った方の多くは、SNSに動画を投稿する前に、バイトテロの悲惨な末路について、インターネットなどで調べていなかったと思うのです。

ところで少し前に新聞を読んでいたら、銀行窓口などで販売されている「外貨建て保険」に関する苦情が、急増しているという記事が掲載されておりました。

生命保険協会がまとめた内部資料によると、「元本割れリスクについて適切な説明を受けなかった」という苦情が43%で、もっとも多くなっております。

その後には「その他説明不十分(解約時の税金など)」(14.7%)、「その他(強引な勧誘など)」(11.8%)、「預貯金と誤認した」(2.8%)が続いております。

このような外貨建て保険に関する苦情が増え始めたのは、平成28年(2016年)1月に日銀が、マイナス金利政策を導入した辺りからだと思います。

その理由としてはマイナス金利政策により、貸し出しなどで利ざやを稼ぎにくくなった銀行が、高い販売手数料を得られる外貨建て保険の販売に、力を入れ始めたからです。

いずれにしろ外貨建て保険に関するトラブルは、もう3年くらいの歴史があるのです。

この3年の間に外貨建て保険を購入した方の残念な末路について、新聞や雑誌などの紙媒体、またはお金に関する情報が掲載されたウェブサイトなどで、何度も取り上げられてきました。

ですからインターネットなどを活用すれば、こういった情報をいくらでも入手できます。

またこういった情報を事前に入手したのなら、外貨建て保険の購入を止める、またはトラブルを避けるための対策を考えるため、苦情は減っていくと思うのです。

しかし現在でも苦情は増えているのですから、外貨建て保険を購入する前に、情報収集をしていないのかもしれません。

もしこれが事実だとしたら、悲惨な末路について事前に調べないバイトテロを、笑えないと思うのです。
関連記事
  1. 2019/03/02(土) 20:37:58|
  2. 投資・節約
次のページ